一日一杯

アンチエイジングに有効な日傘を選ぶ

女性のほとんどに人が、年齢を重ねるたびにいつまでもきれいでいたいという思いが強くなります。
鏡などで自分の姿をみると、若い時はもっときれいな肌をしていたのになどと比較してしまう人が多いでしょう。
女性の美しさのピークというと20代と答える人が多いです。
それは肌のハリやツヤ、何をしても深刻な肌の悩みなどをかけることはありませんでした。
しかし30代に入りだんだんと、肌の違いを実感するようになってきます。

アンチエイジングを心がけるために気をつけなければいけないものの一つに、紫外線があります。
紫外線は目に見えないものですが、なにもたいさくしていなければ 、確実にシワや割るみの原因になります。
なのでアンチエイジングのためには避けなければいけません。

紫外線にはA波、B波、C波の3種あり、それぞれ私たちの体に与える影響が異なります。
A波は、肌の一番奥の真皮と呼ばれる部分にまで浸透します。
真皮にあるコラーゲンなどを破壊していき、シワやたるみを生み出してしまいます。

B波は肌の表皮と呼ばれる部分に影響を与えます。
日に焼けると、肌がひりひりして赤くなるなどの炎症を起こしてしまいます。
その炎症がやがてシミとなってあらわれてしまうので注意が必要です。

唯一C波だけは私たちの肌にまで到達することがない紫外線です。
なのでこのA波とB波の紫外線から体を守らなくてはいけません。

そのために効果的な方法として、日傘があります。
最近では火が強くて熱いなと感じる日は日傘を使用している人がとても多いです。
どれも同じように感じますが、紫外線を100%カットする日傘を選ぶようにしましょう。
また遮光率が高い日傘を選ぶと紫外線だけでなく、日傘によって熱がこもりにくくなるのでお勧めです。

日傘を数年使用していると色が褪せてきてしまう場合が多いです。
色あせてしまうと紫外線や遮光の機能が低下してしまいます。
なので2年から3年で買い替えることで、紫外線をしっかりカットし続けることができアンチエイジングに効果があります。

Copyright(C) 2013 女性は欠かせない成分 All Rights Reserved.