一日一杯

一日一杯のビールでアンチエイジング

年齢を重ねるごとに気になるのがアンチエイジングです。
体力だけでなく、見た目年齢などにも大きく影響されます。

アンチエイジングというと、お金がかかったり、手間がかかるなどのイメージがあります。
しかし、毎日の生活の中で好きなものを意識的に摂取することでアンチエイジング効果が期待できるものがあります。
それは、ビールです。
お酒好きな人には、我慢すること無く好きなものなので続けられるアンチエイジングではないでしょうか。

ビールと聞くと、ビール腹といわれるほど、肥満になるというイメージを持っている人が多いです。
確かに摂取しすぎてしまうと太りますが、一日1杯から2杯程度であればビールで太るということは少ないです。
それでも太りやすいのは、ビールと一緒に脂っぽいおつまみをたべることが多いからです。
ビールはとても食欲を増進させる効果もあります。
なので余計に食が進み太ってしまう可能性も高まります。
その点さえ気をつけることでビールはアンチエイジングにとても効果あるということが分かっています。

ビールには、原料となるホップにフラボノイドという成分が含まれています。
フラボノイドには抗酸化作用があるのが特徴です。

私たちの体には、疲労やストレス紫外線などあらゆるところから活性酸素を発生させてしまっています。
その活性酸素が体内に発生すると、周りの細胞を酸化させてしまいます。
どんどん進んでいくと細胞が正常に働かなくなり、細胞が破壊されてしまいます。
それが老化現象として、シワやたるみなどの原因となってしまいます。

その活性酸素を除去する働きがあるのが抗酸化作用です。
抗酸化作用が働くことで体内の活性酸素の蓄積を防ぎ、アンチエイジングに効果が期待できます。

またビールには、発酵食品の一つです。
発酵させる際には、ビール酵母が必要になります。
このビール酵母にはグルタチオン、エルゴステロールというまた違う抗酸化作用を持つ成分が含まれています。
なのでビールを摂取することで、より多くの抗酸化作用を得ることができるわけです。

女性にとってはバイオフラボノイドという成分が女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあることがわっています。
なので女性ホルモンも補いながらアンチエイジングの効果も期待できます。
適量であればビールはアンチエイジングにとても効果が期待できます。

Copyright(C) 2013 女性は欠かせない成分 All Rights Reserved.